手提げ袋やカタログスタンド〜宣伝効果アップの秘訣〜

看板

商品をアピールする

カタログスタンドの個性の豊かさとは?

チラシやパンフレットなども入れられるカタログスタンドは、これまでに蓋つきのものなども開発されていて雨も凌げるようになっており、建物内に限らず屋外でも活用されています。 また、カタログスタンド上部には、「ご自由にお取りください」などのシールを貼ることのできるスペースも確保されているものもあるため、そのシールも独自のデザインなどにすることで、目を惹く個性的なカタログスタンドへと生まれ変わらせることも可能です。 このように一口にカタログスタンドと言っても、現在、パイプ製の背の高いもの、プラスチック製の透明なもの、尚且つ蓋つきのもの、そして卓上で使えるサイズのものや、角柱のものなどがあることから、今後も多様に展開していくことが予測される広告メディアなのです。

カタログスタンドを使う時は

各メーカーの商品を素早く把握することができるカタログは、商品アピールをする際に有効なアイテムです。 そんなカタログを売り場等に設置する際には、できるだけお客様が取りやすいようにしておくことが重要です。 もし、そのためにカタログスタンドを用意したいと考えているのならば、専門店を利用してみることをオススメします。 卓上用のカタログスタンドから、床に設置するカタログスタンドまで幅広い用途のものが豊富に揃っているため、目的にあったものを素早く見つけることができます。 そんなカタログスタンドを導入する際には、売り場のレイアウトを事前に確認しておくと良いでしょう。 商品とカタログスタンドの位置関係を想定して選ぶことで、より広告効果を高めることができます。